理想的な転職の方法が通用しているのはごく一部の人

現在の仕事を辞める前につまり現職を続けながら求職活動を行ない、次の仕事が決まったら現在の仕事を辞める方法が一番理想的だと思います。

しかし、一昔前の様に求人数があふれていた売り手市場の時代ならともかく現在は、求人数がとても少ない状態です。すべてが少ないというわけではないですが、それだけ自分の希望通りの希望してる仕事が見つかるかどうか、しかも現職を続けての求職活の場合はとても難しい時代です。

その上、仕事をしつつ求職活動を行なう場合時間もかかります。ハローワーク情報は、インターネットやスマートホンでもこまめにチェックして出来ますが、自分の希望している求人情報が出ているかどうかは確認できますが、仮に面接受けたい希望の仕事がでた場合に現職続けながらの面接は出来ないことはないですが、その日に合わせて休みをとる方法くらいしかないとおもいます。

その休み面接日に合わせて現職の休みをとるという方法しかないと思います。最悪面接の募集人員が何人も申し込みをしている場合先着順といった方法で簡単に面接してそのまま採用という流れの業種もあります。

その内定を頂いてる人が現在仕事を離職してから自分の希望してる仕事の求人情報が、仮に出た場合はすぐに面接も受けられられます。現職を続ながらかりに連続して休みを取れるかどうか、それを迷ってるうちに下手したら面接の人数制限がかかってる場合、求人募集の面接受付が終了してしまいます。現職を続けながら次の仕事を探すデメリットは、時間もかかり集中して求人活動に費やせる時間が少なく、理想の仕事が出たとしても、離職してる人は仕事を探す必死の度合いが違いますので、現職を持ってない方はすぐ飛びつき面接申し込み身の時間がいくらでもあり面接もいつでもいえる現職をもってる人は、そうはいきませんその求人情報を逃していまうというデメットがどうしてもついてまわります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>